このhtmlファイルについて

ホームページなど、インターネット上でよく使うドキュメントにhtmlというファイル形式があります。 ごくありふれていて、多少書き方が間違っていても、一般的なプログラムのように、エラーになって表示すら出来ないということもなく、 WindowsだけじゃなくMacでも、Unixでも、そのドキュメントを見る事が出来る。と言うのが取り得です。

しかし、マジになって使い始めようとすると、結構役に立たなかったり、他のプログラムの助けが必要になったり、微妙に表示が狂ってみたり、肝心なところで、役に立たなさを露呈するのも、htmlの特徴になっています。

それなりに、ブラウザが改良され、特別なタグを使うと、今まで出来なかった機能を穴埋めするような、「これはすごいぞ。」と叫びだしたくなる機能を持ったブラウザも、続々出現するのですが、みんな、それぞれ、競争相手なので、それらは、ブラウザ独自の機能と言うところに帰着してしまいます。

私たちが、インターネットに、まじめに参加していこうとすると、「思い通りに表示できない事が結構ある。」と言う現実に、ぶつかる事になります。また、せっかく作ったホームページを自慢しようとしたら「ぐしゃぐしゃでとても見られたものじゃない。」と言う赤っ恥をかくことも、普通にあるので、html嫌いな人も、実は結構世の中には、沢山いる模様です。

このような問題は、出来れば回避したい。「では、どうやっていこうか?」という方法の一つに、W3Cという標準化団体の、htmlドキュメントのルールにのっとって制作する。と言う考え方があります。簡単にルールに準拠しているかどうか調べるサービスなどもあるので、運営していく上で、ドキュメントの管理もしやすい方向に向かうといった考え方です。

このディレクトリにあるページやサンプルは、W3Cと言う標準化団体が、公開しているドキュメントタイプ毎に、使用可能なhtmlタグを、予め、入力してあるファイルを提供しています。そのhtmlファイルには、スタイルシートを添付してあります。

ブログなどでおなじみの3カラムレイアウトと、それぞれのタグごとのスタイルが、記述済みなので、各見出しレベルごとの、フォントスタイルや、背景画像。段落の、文字間や、行幅、などhtmlファイルを制作するためのベースデザインを作成する事ができます。

また、少し工夫をすれば、ホームページのテンプレートとしても使う事ができると思います。かといって、このhtmlを利用する事で、何もいいことがなくても、不利益が発生したとしても、何のフォローも、保障も出来ませんし、間違いなくこれを使った事が、自慢になるような事はありません。

なぜ、このようなものを、配布するかと言う事について

私自身が、この自分はきちんと作ったつもりだったのに、人にはきちんと見えない中途半端なhtmlをずいぶん書いて、恥もかき、膨大な時間を使い。このあほらしさが、他人に及ぶ事を少しでも避ける事ができればいい。遊びで、匿名で使うホームページなら、いくらでも後戻りが出来ますが、自分の商売や名前を表示して、まじめにやるホームページは、出来るだけトラブルを避けなければなりません。

そのような誰かのお役に立てれば、幸いです。

ご注意

ブラウザの種類やバージョンにより、ディスプレイに、同等な表示が得られないことがあります。
この場合は、専用のスタイルをブラウザごとに用意したり、表現を変更するなどの、措置が必要になります。

表示が異なる例。

ブラウザの種類やバージョンにより、ディスプレイに、同等な表示が得られないことがあります
この場合は、専用のスタイルをブラウザごとに用意したり、表現を変更するなどの、措置が必要になります。

htmlは、裏技の宝庫?。

プログラムを作る。というと、敷居が高い。また、実際に作ろうとしてみても、例えば、半角スペースの代わりに全角のスペースが混入していても、動かなくなる。
では、htmlファイルのマークアップはどうでしょうか

あまり細かいことを気にしないで、間違った記述をしてもそれなりに、表示する。そもそも、どれが間違いなのかわからない。表示できれば、それで問題ないんじゃないのか?。
たまに、こんなニュアンスの話をする人がいる。

「表示できれば」というのは、自分のパソコンで、表示できればといっていることが殆どなので、実際に、レイアウトがぐしゃぐしゃになっていることを目の当たりにすると、考えが変わると思いますが、そもそも、どれが間違いなのかわからない。という所は、ホントに困るところだろう。

htmlファイルを作る作業は、始めは、レイアウト作業から入ることが多い。タイトル画像を作成して、このあたりに配置して、ドキュメントは、やっぱ丸ゴ?? 写真は、やっぱ影つけようか、などという入り方が多いので、これでいいのか?なんて思う人は、かなりベテランなのかもしれませんが、 カンバスみたいに捕らえると、中途半端なところが多いし、ちょっと遊ぶと、確実にあきる作業で、 自分が、何か勘違いでもしていないと、人様に、お見せするなんて、恥ずかしくて、穴があったら入りたいは多い。

しかし、運命のいたずらみたいなことが世の中にはあって、勤務先のホームページを作成しなければ、ならなかったり、人様のホームページを作りましょう等となると、そんな事言ってられません。
書き方や、常識みたいなことはないのか?と思うことから、いろいろな疑問が生じてくる。

W3C等でhtmlの検証サービスを行っています。

htmlのマークアップは、ブラウザ特有のものもあれば、標準的なものもあります。混在しており、特定の環境でしか表示できないようなマークアップを行っていることに気づかないでいることも多いのが現実です。

このサービスは、WEB標準に適合するhtmlファイルかどうかを調べるサービスです。このようなサービスを利用することで、一定の品質のhtmlファイルを管理することが出来るというところが、メリットです。

このサービスは、コンピュータがhtmlを理解可能かどうかを、検査するサービスで、ブラウザに表示された画面の、ブラウザ間での差異の問題を、解決するためには使えません。

表示される。フォントやレイアウトは、htmlの書き方と、関係しています。例えば、htmlドキュメントの文頭にある文書型宣言をつけるかつけないかだけで、ブラウザの表示の挙動は変わってしまうこともあります。このようなことから、予め検証済みの、htmlと、スタイルシートを用意して、ベーシックな、表示の仕様を決めるためにこのファイルを作成しました。

このファイルは、一部を除き既に3カラムのレイアウトがセットされているので、普通のhtmlドキュメントの雛形としても使用できます。

保存する場合は、名前をつけて保存をすると、インターネットエクスプローラなどで、ソースの書き換えが発生します。ソースを開いて、ソースを保存することをお勧めします。

ブラウザ毎に表示が異なる書き方の例を、下に置いておきます。表示をおかしくするために、spanタグに幅指定を入れるなど、なんで、という書き方もありますが、ご理解ください。